仮想通貨で最強の安全な保管方法は、安全なウォレット「Ledger NanoS(レジャーナノS)等」に保管する事!

今回の記事では、仮想通貨の管理方法の一つでもある「ハードウェアウォレット」について書いていきます。そのなかでも今回は、Ledger NanoS(レジャーナノS)についてご紹介していきます。

なぜハードウェアウォレットが必要なのか?

coincheck(コインチェック)のNEM(ネム)流出事件

皆さんはcoincheck(コインチェック)の何者かによる、NEM(ネム)の不正送金の事件はご存知でしょうか?知らない方はあまりいないと思いますが、簡単に言うとcoincheck(コインチェック)という仮想通貨取引所(販売所)でNEM(ネム)という通貨が何者かによるハッキングによって不正に送金されたという事件です。

これは何故起きたのか?という事になるんですが、coincheck(コインチェック)で私達消費者のNEM(ネム)を保管している方法が「コールドウォレット」ではなく、「ホットウォレット」で保管していたという事だそうです。

簡単に言うと、「コールドウォレット」と言うのは、ネットに接続されていない状態での保管方法。「ホットウォレット」とは、ネットに接続されている状態で保管する方法の事です。私達の大切な資産をそんなリスクのある保管方法で管理していたら、世間に何を言われても仕方ないかもしれませんね。

仮想通貨取引所(販売所)に保管しておくとリスクが高い

coincheck(コインチェック)の事件もそうですが、仮想通貨取引所(販売所)に通貨を保管しておくという事は、その仮想通貨取引所(販売所)を信用して預けるという事です。今回の事件のように、仮想通貨取引所(販売所)の内情は誰にも分かりません。ですから、仮想通貨取引所(販売所)の管理体制、経営状態などのあらゆる観点がリスクになりうるという事。

しかも、ハッカーは通常、仮想通貨取引所(販売所)のように、資金が集まる場所を狙って攻撃を仕掛けてきます。私達個人に対して攻撃を仕掛け、資金を奪い去るよりも、大量の資産を一気に持ち去れる仮想通貨取引所(販売所)はそれだけ危険に去らされているという事になります。

では、どうすればいいか。そんなリスクの高い保管方法で資金を管理するなら、自分でハードウェアウォレットを買って、そのハードウェアウォレットで資金を保管すればいいのです。

なぜハードウェアウォレットが一番最適で仮想通貨を安全に保管できるのか?

仮想通貨通貨の保管方法は様々有りますが、なぜハードウェアウォレットが一番最適で、且つ安全に保管できるのかを説明していきます。まずは、一つずつ保管方法のメリット、デメリットを見比べてみましょう。

仮想通貨の主な保管方法

  • WEBウォレット
  • PCウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

大まかにこの4つが、仮想通貨の保管方法です。

WEBウォレット

WEBウォレットと言うのは、WEBで自分の専用の仮想通貨のウォレットを作り、そこに保管しておく方法です。仮想通貨取引所に預けている状態もこれです。

メリット

  • ブラウザからすぐに登録、利用が出来る
  • ソフトなどの面倒なインストールが不要
  • なによりも手軽でラク

デメリット

  • ネット上のウォレットであり、今回のcoincheck(コインチェック)のようにハッキングされ、資産が無くなる可能性がある
  • セキュリティは運営元次第

PCウォレット

PCウォレットとは、パソコンにソフトをインストールして、オフラインで管理する方法です。

メリット

  • WEBウォレットと違い、ネットに繋がっていない状態で保管するため、WEBウォレットと比べると安全性が高い

デメリット

  • パソコン自体のウイルス対策をしっかりしておかないと意味がない
  • パソコン自体が壊れたらデータも消える可能性が有るためバックアップは必須
  • WEBウォレットと比べ手間と時間が掛かる

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、自分の仮想通貨の情報を紙に印刷して保管する方法です。

メリット

  • 長期保管に向いている
  • セキュリティだけで言ったら一番安全性が高い

デメリット

  • 一度引き出すとウォレットは使えなくなる
  • 紙なので濡れて見えなくなったり、燃えてしまったりすると二度と資産は戻ってこなくなる
  • 第三者に盗まれないように大切に保管する必要がある

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨をデータで保存しおける外部端末の事です。

メリット

  • 小型なので持ち運びにも便利
  • 長期保管に向いている
  • セキュリティが高い
  • バックアップをとっておけば無くしたり、壊れても復元できる

デメリット

  • 故障や、紛失の可能性がある
  • なにかあったときのためにバックアップは必須

まとめ

4つの保管方法を見比べてみてどうでしたか?人それぞれどのくらいの期間仮想通貨を保管するつもりなのかによって最適な保管方法は変わると思いますが、coincheck(コインチェック)の前例がある以上、WEBウォレットでの保管だけはオススメ出来ません。私の個人的な意見ではありますが、面倒くささ、安全性、などで判断すると、一番バランスが取れている保管方法がハードウェアウォレットだと思います。

ハードウェアウォレット「LedgerNanoS(レジャーナノS)」日本正規代理店Earth Ship

ハードウェアウォレットのおすすめは対応通貨の種類が多いLedgerNanoS(レジャーナノS)

ハードウェアウォレットは、有名どころだと、LedgerNanoS(レジャーナノS)、Trezor(トレザー)が有ります。一番の違いは対応通貨の種類です。2つを比較してみましょう。

Trezor(トレザー)対応通貨の種類

  • Bitcoin(ビットコイン)
  • BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)
  • BitcoinGold(ビットコインゴールド)
  • Ethereum(イーサリアム)
  • ERC20トークン(REP, BNB等)
  • Ethereumclassic(イーサリアムクラシック)
  • Dash(ダッシュ)
  • Zcash(ジーキャッシュ)

LedgerNanoS(レジャーナノS)対応通貨の種類

  • Trezor(トレザー)の対応通貨
  • Ripple(リップル)
  • Stellar(ステラ)
  • Digibyte(デジバイト)
  • Stratis
  • Qtum
  • Komodo
  • Ark
  • Ubiq
  • Viacoin
  • Hcash

比較結果

断然LedgerNanoS(レジャーナノS)の対応通貨が多いことがわかります。これはもうLedgerNanoS(レジャーナノS)一択と言っても過言ではありません。なによりもRipple(リップル)も対応通貨に入っている事だけでもLedgerNanoS(レジャーナノS)を選ぶ理由になります。

下のリンクからLedgerNanoS(レジャーナノS)の正規代理店に行けますので、ご購入される方は品薄状態が続いているため、お早め購入する事をオススメします。

ハードウェアウォレット「LedgerNanoS(レジャーナノS)」日本正規代理店Earth Ship

ハードウェアウォレットを購入する際の注意点

ハードウェアウォレットは、最近、Amazon(アマゾン)、メルカリ、楽天、ヤフオクなんかにも売っています。ですが、そこでいくら安く売っていても、ポイントを貯めたくても、使いたくても、絶対に買わないで下さい。

何故か?それは、偽物も紛れているからです。せっかく資産を安全に保管するためにハードウェアウォレットを購入するのに、偽物を買ってしまって、資産を奪われては一体なにをしているのか分かりません。自分に限ってそんなものには当たらないと思っている人もいるかも知れませんが、ポイントを諦めて、正規代理店で購入したらそれで済む話ですから、必ず正規代理店で購入するようにして下さいね。私のブログ内でご紹介しているリンクから行けば間違いなく正規代理店で購入出来ますので、安心してください。

ハードウェアウォレット「LedgerNanoS(レジャーナノS)」日本正規代理店Earth Ship

最新記事

ホームへ戻る


初心者におすすめの日本で一番取り扱い通貨の多い仮想通貨取引所↓coincheck(コインチェック)↓
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


  金融庁の認可済み仮想通貨交換業者Zaif(ザイフ)の登録は      ↓コチラからどうぞ↓


国内初仮想通貨FXでレバレッジ最大25倍で取引可能な仮想通貨販売所↓GMOコイン↓


 


仮想通貨で最強の安全な保管方法は、安全なウォレット「Ledger NanoS(レジャーナノS)等」に保管する事!」への2件のフィードバック

    1. まさやん 投稿作成者

      ありがとうございます。嬉しいです(>_<) 最近全然更新出来てなくてすみません。 頑張って更新できるようにしますね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA