今からBitcoin(ビットコイン)などの仮想通貨(暗号通貨)投資を始めたいけど、まだ始めてない人のよくある質問Q&A(ありがちな勘違い、疑問、基礎知識)「初心者向け」

今回の記事は、CM等で認知度が上がってきてBitcoin(ビットコイン)などの仮想通貨(暗号通貨)投資を始めたいけど、なかなか始められない人によくある勘違い、疑問点などについて質問の内容をQ&Aでお答えしていきますので、ここで不安要素を払拭して仮想通貨(暗号通貨)投資をスタートさせましょう。

目次

よくある質問Q1、Bitcoin(ビットコイン)や、仮想通貨(暗号通貨)ってそもそもなに?電子マネーなの?

A、仮想通貨(暗号通貨)とは、中央銀行等の公的な発行主体や、管理者が存在しない通貨です。仮想通貨(暗号通貨)は電子マネーとは、全くの別物です。

【仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。】 出典“bitFlyer”

仮想通貨(暗号通貨)についてもっと知りたい方

よくある質問Q2、Bitcoin(ビットコイン)の価格って100万円以上になったって聞いたけど、そんな大金を持ってない人も買えるの?

A、買えます。最低で、100円~1,000円から購入可能です。

多くの仮想通貨取引所は、最低取引単価を0.001BTC(ビットコインの単位)に設定していますので、例えばBitcoin(ビットコイン)の価格が100万円の場合、1000円から購入可能という事になります。

仮想通貨取引所によっては最低取引単価が、0.0001BTCからのところもありますので、上の例であれば100円からの購入が可能という事になりますね。

よくある質問Q3、Bitcoin(ビットコイン)等の仮想通貨(暗号通貨)、投資と名の付くものになんとなく怖いイメージがあるけど、借金などをするリスクはないの?

A、基本的には、自分が入金した金額でBitcoin(ビットコイン)等の仮想通貨(暗号通貨)を購入するため、自分の入金した金額以上のマイナス(借金)はありません。

基本的には現物取引といって、自分の持ち金でBitcoin(ビットコイン)等の仮想通貨(仮想通貨)を購入するため、マイナスになったとしても、入金した金額のみなので、FX投資等のイメージとして皆さんが抱いているであろう莫大な借金をする可能性はありません。

ちなみに、仮想通貨(暗号通貨)投資にも信用取引(仮想通貨FX)というFXと同じような取引方法もありますが、こちらは基本持ち金に倍率をかけて取引を行います。ですが、仮想通貨(暗号通貨)FXに関しても法の整備が整いロスカット(強制決済)の割合が決まっているので(ほとんどの取引所は50%)、皆さんがイメージしている莫大な借金を背負う可能性は、現在はほぼありません。まれに相場が急落し、ロスカット(強制決済)がピッタリ50%で出来ない場合もあるので、心配な方は現物取引をするか、しっかりと勉強してから臨みましょう。

レバレッジについてもっと知りたい方

よくある質問Q4、有名なBitcoin(ビットコイン)は知ってるけど、他には仮想通貨(暗号通貨)って何種類くらいあるの?

A、2017年12月現在のところ1000種類以上あると言われています。

仮想通貨(暗号通貨)の種類は全種類合わせて約1000種類以上ありますが、日本の仮想通貨取引所で扱っている仮想通貨(暗号通貨)は約10~20種類です。なので、最初はこの10~20の中から選択する事になります。

日本の仮想通貨取引所に慣れてきたら、海外の仮想通貨取引所で登録をすれば、取り扱い通貨の数も増えますので、日本の仮想通貨取引所の種類では物足りなくなった方は海外の仮想通貨取引所の開設という流れが基本です。

日本で一番取り扱い通貨の種類が多い仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)

 よくある質問Q5、Bitcoin(ビットコイン)等の仮想通貨(暗号通貨)投資を始めようと思っているけど、いろんな仮想通貨取引所があるけど何が違うの?

A、大きな3つの違いは「手数料の違い、使いやすさ、取り扱い通貨の種類」の3つです。

初心者の方にまず考えて欲しい事。

  1. どのぐらいの金額を投資するつもりなのか
  2. どのくらいの期間仮想通貨を保持するのか
  3. 使いやすさや、分かりやすさは重視するのか
  4. どの種類の仮想通貨が欲しいのか

上記の内容で考えがある程度まとまったら、自動的にどの仮想通貨取引所で登録をするのかが決まります。

1,どのぐらいの金額を投資するつもりなのか、2,どのくらいの期間仮想通貨を保持するのか

この2つの内容は「金額が多ければ多いほど、保持する期間が短ければ短いほど」手数料の安さが重要になってきます。なぜかというと、手数料の一つにスプレッド手数料というものがあり、仮想通貨の1通貨単位に手数料が掛かりますので、金額が多ければ多いほど大きな手数料の出費になるということです。

なお、このスプレッド手数料は、一回仮想通貨を購入した時、一回仮想通貨を売った時にそれぞれ手数料が掛かります。その事により、短い間で買ったり、売ったりをして稼ぐのであれば、手数料が高い仮想通貨取引所で売買したら手数料がバカになりません。なので、投資金額が多く、短期取引で利益を狙っている方ほど手数料を第一に考えておいた方がいいでしょう。

スプレッドについてもっと知りたい方

3,使いやすさ、分かりやすさは重視するのか

この内容は、パソコンで仮想通貨取引をするのか、スマホで仮想通貨取引をするのかという部分にも繋がりますが、スマホアプリが分かりやすくて使いやすい仮想通貨取引所、初心者にはスマホアプリもホームページの取引画面も中級者向けで少し難しい仮想通貨取引所があります。

4,どの種類の仮想通貨が欲しいのか

取り扱っている仮想通貨の種類は仮想通貨取引所それぞれ違います。一番種類豊富な取引所に無くて、種類が少ない取引所にあったりもします。なので、欲しい仮想通貨があるのであればそこの取引所で口座開設(登録)するしか方法はありません。

仮想通貨取引所で登録をする前に

ホームへ戻る


初心者におすすめの日本で一番取り扱い通貨の多い仮想通貨取引所↓coincheck(コインチェック)↓
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


  金融庁の認可済み仮想通貨交換業者Zaif(ザイフ)の登録は      ↓コチラからどうぞ↓


国内初仮想通貨FXでレバレッジ最大25倍で取引可能な仮想通貨販売所↓GMOコイン↓


 


今からBitcoin(ビットコイン)などの仮想通貨(暗号通貨)投資を始めたいけど、まだ始めてない人のよくある質問Q&A(ありがちな勘違い、疑問、基礎知識)「初心者向け」」への1件のフィードバック

  1. 松本

    コメント欄から失礼します。投資系キーワードのSEO上位で貴サイトのこちら記事を拝見しました。投資のアフィリエイト広告掲載のご提案です。弊社はクローズド型ASPを運営しています。よろしければ詳細をご案内させていただきたいので、メールアドレスまでご連絡頂けましたら幸いです。宜しくお願い致します。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA